【2019年版】稼げるバイナリーオプション取引 TOP3!

バイナリーオプションの取引方法の種類

バイナリーオプションの取引方法はいくつかあります。
・ハイロー取引
・NOW取引
・レンジ取引
・ミニッツ取引
・シェア取引
・ターボ取引
・RETURN200
・短期取引
・スプレッド取引
などなど…

いくつか聞いたことがある取引もあると思います。

どうしてこんなにいろんな種類の取引があるのか?

これ実は同じ取引ですが、名前が違うだけというものが多いんです!

バイナリーオプションのサイトによって呼び方が違うだけで、全く同じ取引方法というものがいくつかあるんですが、ややこしいですよね?

全部同じ名前で統一してくれればいいんですが…

例えば「NOW取引」「短期取引」「ターボ取引」これはすべて仕組みは同じです。
サイトによって取引出来ない30秒取引などもありますが、好きなタイミングで投資出来て、投資したタイミングから始まるのがこの取引になります。

「レンジ取引」「スプレッド取引」「RETURN200」この3つも同じです。
これは単純な上昇か下降かだけでなく、ある程度の範囲より上昇するか、ある程度の範囲より下降するかを予想する取引です。
単純な50%で勝てる取引ではないので、リターン率は他に比べて高めに設定されている事が多い取引です。

このように、呼び方が違うが、取引方法は同じ取引が多いのでご注意下さい。

では、その中で稼ぎやすい取引はどれか??

稼ぎやすい取引とは?

取引の種類はいろいろありますが、その中でも利益の出しやすいもの、出しにくいものがあります。
利益を出すためにはなるべく利益の出しやすい取引をやったほうが良いので、今回は利益の出しやすいお勧めの取引方法のトップ3をご紹介します。

【稼ぎやすい取引 第1位】 レンジ取引(スプレッド取引)

レンジ取引(スプレッド取引)はその名の通り、レンジ(範囲)が決まっていて、その範囲より上昇か下降をしないと利益になりません。
上昇に投資をして、実際に上昇をしたとしても、範囲内だと投資失敗の扱いになります。
この範囲が大きければ大きいほど利益を出すのは難しい取引となってしまいます。
しかし、この取引の最も良い所は『リターン率が200%を超える』という事です。
基本的な取引はだいたい170%~190%の間がほとんどですが、レンジ取引に関しては200%以上なので、
最低でも投資額の倍以上の金額が戻ってきます。
なので一回の取引に対する利益が大きいのがこの取引になります。

しかし注意してほしいのが、いつでもこの取引をすればいいという事ではないという事です。
どうしても為替相場の動きが小さい(ボラリティが低い)時にこのレンジ取引をしても勝てる可能性は非常に低いです。
レンジ取引を使うべき時は為替相場の動きが大きい(ボラリティが高い)時です。
特に経済指標の発表される時や、大きな発表がある時がねらい目となります。

【稼ぎやすい取引 第2位】 NOW取引(短期取引)

NOW取引の最大のメリットは『取引時間の短さ』です。
最短で30秒の取引時間がありますので、1回の取引にかかる時間が非常に短い。
その為、取引を何度もする事が可能なので、利益を何度も得ることも可能です。

こちらの注意点としては、連続で取引が出来るのでそれなりに勝率がないとどんどん損失が増える可能性もあるという事です。
勝率が6割以上あるのでしたらこちらの取引で何度も取引をするのが最も効率的で速く利益を得ることが出来ます。

【稼ぎやすい取引 第3位】 ハイロー取引(ミニッツ取引)

ハイロー取引はリターン率も平均的で、NOW取引ほど短い取引もありません。
メリットとしては、『事前に取引を予約しておくことが出来る』という点です。
例えば22:00から経済指標の発表がある場合に、前もって22:00からの取引に投資をしておくことが可能です。
予約取引なので取引開始の時間がずれることもありませんので、経済指標発表と同時に取引を開始できるのが特徴です。

稼げる取引方法のあるバイナリーオプションサイト

今回ご紹介したバイナリーオプションの取引方法のあるサイトがfxbinaryです。
こちらのサイトではレンジ取引、NOW取引、ミニッツ取引の3種類すべてがあります。
↓fxbinary



稼ぎやすいといっても、この取引を使えば100%稼げるわけではありません。
取引をするタイミングや、その時にあった取引方法を選ぶことも大切です。

コメントを残す